最近増えている住宅型有料老人ホームについて詳しく見ていきましょう

高齢化社会に伴い老人ホーム数が増加

現在の日本は少子高齢化が進み、65歳以上の高齢者は国民総人口の約3割近くを占めています。これからも高齢者の割合は増え続ける見通しで、それに伴って老人ホームの数も急増しています。このサイトでは老人ホームについて分かりやすくまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

老人ホームの仕様も様々

老人ホームが増えていく中で、高齢化社会ならではの老人ホームも出てきています。こちらでは有料老人ホームの種類についてや住宅型有料老人ホームの基礎知識についてまとめています。

新着情報

有料老人ホームの種類

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームとは、入居者の身の回りの世話はもちろん、介護サービスを提供しているのが特徴の老人ホームです。65歳以上からの受け入れが基本で、健常者も入れる「混合型」もあります。看護師が24時間駐在しているので、医療ケアが必要な入居者でも安心して生活を送ることが出来ます。

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームとは、入居することも通所することも選択は自由で、介護サービスの形態を選ぶことが可能です。基本的に自立されている方が入居することが多いです。介護スタッフは駐在していなので、介護を要する場合は外部の介護スタッフと契約を結ぶのが一般的です。

健康型有料老人ホーム

介護が必要ない高齢者が入居する施設です。自立した生活を送れるが、家事が面倒になったり、一人でいることに不安を感じる方などが入居します。レクリエーションや行事などが多いのも特徴として挙げられます。しかし、介護が必要になると退去しなければならないので、入居前に確認しましょう。

住宅型有料老人ホームってどんな施設?

介護

住宅型有料法人ホームの基礎知識

広島にある住宅型有料老人ホームは民間経営の老人ホームがほとんどです。介護が必要な高齢者やそうでない高齢者も入居することが出来ます。ただし介護が必要な方は、外部の介護サービス業者と契約をして、その業者の介護スタッフに来てもらう形を取ります。その他にも日常生活が送りにくい場合に補助をしてもらえたり、食事の提供やお風呂も手伝ってくれます。また緊急時の対応などもしてくれるので、入居者にとっては安心感がありますし、レクリエーションも豊富なので飽きがないのも特徴です。また、入居ではなく通所という形もとれるので家から通うことも可能です。

住宅型有料老人ホームの費用

住宅型有料老人ホームの費用は、月々の利用料で支払われます。入居の際には初期費用として「入居一時金」というものを支払います。老人ホームによって額は様々で、負担しないところもあれば数万から数千万払うところもあります。また、月々の利用料の内訳は家賃や管理費・食費・介護サービス費などです。介護サービス費に関して一部は国や自治体が負担してくれることがほとんどです。国や自治体が負担出来ない部分は自己負担します。大体の目安として月々12万~35万円が利用料して設定されることがほとんどです。

広告募集中